ユーロスターについて知って、高速鉄道の知識を深めよう!

快適な車内環境

飛行機のエコノミークラスは足元が狭く、体が硬直した状態になりやすいです。それは不快な姿勢であるだけではなく、エコノミー症候群という重篤な身体の危険に陥る可能性すらあるのです。飛行機と比べてユーロスターの車内環境はどのような違いがあるのでしょうか。比較してみましょう。

まず、ユーロスターは広々とした座席環境であることでも知られています。また、体の大きな欧米人サイズで作られているので、日本人からしてみたら、さらに居心地が向上していると言えるのです。そのため、パリからロンドンまでの移動にかかる2時間15分の長旅も苦にはならないと言われています。

さらに、飛行機のビジネスクラスに比べたらビジネスプレミアやスタンダードプレミアは高額では無い上に、乗車した時間帯に応じて食事も提供されます。ビジネスプレミアではユーロスターの食事部門のディレクターでもあり、ミシュラン星獲得シェフでもある、レイモンド・ブランが監修した食事を座席にいながら食べることが可能です。

飛行機と比べるとユーロスターの座席は広々としていて、窮屈さを感じることも少ないです。また1等席では食事の提供もされるため、これを目当てにする乗客も少なくないそうです。