ユーロスターについて知って、高速鉄道の知識を深めよう!

欧州文化に触れよう

せっかくヨーロッパの地に降り立ったのであれば、その文化に触れてみなければ勿体ないという意見があります。確かに、ヨーロッパでは数多の文化が花開いたということもあって、日本では味わうことのできない体験を味わうことが出来るでしょう。ユーロスターを利用した旅は、そんな文化的体験を、よりお得に楽しむことが可能です。

ユーロスターは、その乗車券が年間を通じた美術館や博物館の入場チケットとして使用することが出来ます。これを「ユーロスター・プラス・カルチャー」といって、パリやロンドンの美術館や博物館を無料で入館することが可能となるのです。

具体的な場所を挙げると、パリではオルセー美術館、ケ・ブランリー美術館、パリ市立近代美術館、シテ・ドゥ・ラ・ミュージック、ジュ・ド・ポーム、グランパレ・ナショナル・ギャラリー。ロンドンでは大英博物館、ロンドン科学博物館、ビクトリア&アルバータ美術館、大英図書館、ナショナルギャラリー、ナショナル・ポートレート・ギャラリー、テートモダン、テートブリテンなどです。

さらに、レールヨーロッパのオフィシャルサイトでユーロスターのチケットを買うと、史跡やアトラクション、さらにショッピングやシティツアーなどで使える割引クーポンがもらえます。ヨーロッパを堪能するのなら、ユーロスターが良いでしょう。